βカロテンの健康効果と効果的な摂取方法

pic-d01

様々な健康効果が期待されている「βカロテン」について、ご紹介していきたいと思います。βカロテンは1930年に発見されており、ニンジンの色素成分ということで「カロテン」という名前になりました。

βカロテンは、カロテノイドの一種で、ニンジンの他にかぼちゃ、トマト、ブロッコリー、みかん、すいか、などにも含まれています。色味がキレイな野菜にとても多く含まれているという特徴があります。

βカロテンの効果

動脈硬化の予防

pic-d02

βカロテンには強力な抗酸化作用があるので、LDLコレステロールを減少させることができます。血管の中にLDLコレステロールが蓄積すると、動脈硬化の原因となってしまいます。未然に動脈硬化を予防する事が出来るのが、βカロテンの効果なのです。

美肌効果

pic-d03

βカロテンは体の中に入るとビタミンAに変換されます。ビタミンAというのは、皮膚の新陳代謝を活性化させる作用がありますので、美肌を作るのに最適となっています。ニキビなどの肌トラブルを防ぐ作用もありますので、キレイな肌を手に入れたい人はβカロテンを積極的に摂取する事をお勧めします。

ガンの抑制

pic-d04

βカロテンが持つ、抗酸化作用にはガンの抑制効果があります。ガンというのは体の中にある細胞の遺伝子が活性酸素の影響で傷ついてしまうことが、元の原因となっています。

抗酸化作用で、活性酸素を除去することによって細胞の遺伝子が傷つくことを抑制できます。結果的にガンになる細胞の遺伝子を減らす事が出来るので、ガンの抑制に効果があると言えるのです。

成長促進

pic-d05

βカロテンが体の中でビタミンAになると、骨の成長などにとても良い効果をあらわしてくれます。特に成長期の子供にとって、ビタミンAというのは貴重な栄養素となっていますので、βカロテンの摂取は良い事だと考えられます。子供達にも積極的にβカロテンを摂取させてあげましょう。

βカロテンの摂取方法

ニンジン、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれているので野菜をたくさん摂取すると良いでしょう。その他にも、柑橘系の果物に含まれていますので1日に1回程度、みかんなどを食べるのもいいでしょう。

食事から摂取が難しい場合には、サプリメントなどでβカロテンを補ってあげましょう。