知ったら捨てられない!?ベジブロスの魅力と作り方

pic-f01

健康志向の人に注目されているべジブロスをご存じでしょうか?簡単に言えば、「野菜くず」を使用して栄養価の高い「出汁」を作る事をべジブロスと言います。

一般的な料理の過程では、野菜の皮やヘタや硬い部分などを捨ててしまいます。これらを敢えて使用する事はなく、生ごみとして捨ててしまうのが一般的です。

しかし野菜の切れ端などには、とても高い栄養素が残っている場合が多い事が分かっています。そこで、これらの野菜くずを活用して、高い栄養素を摂取していこうと言う動きが増えているのです。

べジブロスとファイトケミカル

べジブロスが注目されているのは、「ファイトケミカル」という物質を摂取できるようになるからです。野菜の皮というのは、中身を守る為に刺激に強くたくましくなります。ヘタの部分は、野菜を成長させる為の重要な働きをしている場所になります。

このように優れた働きをしていた皮やヘタというのは、とても良質な栄養素を含んでいる状態なのです。ですから、べジブロスという方法で本来捨てていた部分の野菜くずを煮込んで、その栄養素をたっぷり摂取したいのです。

野菜くずを煮込んで出汁を取るとファイトケミカルが効率よく体に吸収されるようになります。そして体の様々な所に、有用な効果を発揮してくれるようになります。

ファイトケミカルの効果とは?

免疫力アップ

免疫細胞の働きを促進させてくれる効果があるので、風邪を引きにくい体になる、ウイルスに感染しにくくなるなどの効果を得る事ができます。

抗酸化力アップ

人間の体で増殖しすぎた活性酸素は、体をサビさせて老化させていきます。この活性酸素を除去する為に必要なのが「抗酸化作用」です。

ファイトケミカルは、とても強力な抗酸化作用がありますので、活性酸素を除去する事が可能となります。アンチエイジングや、健康被害の抑制などに効果が期待できます。

抗がん作用

正常な細胞が「ガン細胞」になって、免疫細胞が撃退できなかった場合に「ガン」が発症します。ファイトケミカルには、細胞がガン化しないように抑制する効果や、ガン細胞の増殖を抑制する効果があると言われています。

ファイトケミカルについてもっと詳しく知りたい方はこちらが参考になります。
注目の栄養素ファイトケミカルって?

べジブロスの作り方

pic-f02

早速べジブロスを作ってみたい!という事で、べジブロスに必要な「野菜くず」を集めましょう。基本的に野菜であれば、どんなものでも活用する事ができますので、捨てずに残しておくようにしましょう。

ネギの青い部分、玉ねぎの皮、根菜のヘタ、ピーマンのタネ、カボチャのワタとタネ、葉物野菜の捨ててしまう部分・・・

このようにべジブロスには、何でも活用できますのでお好きなものを使っていきましょう。

簡単べジブロス

野菜のくずを水とお酒と一緒に、じっくり弱火で煮込みます。たったこれだけでべジブロスの完成です!アレンジとして、鰹節、ローリエ、昆布、煮干しなどの出汁となる素材を一緒に入れて煮込んでもOKです!料理に活用しやすくなります。

保存の仕方

基本的には、冷蔵庫に入れておけば1週間は使用可能となっています。それ以上保存しておきたい場合には、冷凍保存をしておきましょう。製氷機に入れておくと、出汁として手軽に使用する事ができるのでお勧めです。

べジブロスを使った料理

べジブロスは、野菜の甘みと旨味が凝縮されている出汁ですから、様々な料理に活用する事ができます。スープにしてあげれば、とっても栄養価の高いスープが出来上がります。他にも煮込み料理や味噌汁、うどんの出汁にも活用できます。

自分なりにアレンジしながら、べジブロスを楽しんで見てください。