野菜ジュースといえばコレ!カゴメ「野菜一日これ一本」の魅力

pic-j01

カゴメから販売されている「野菜一日これ一本」を飲めば、1日に摂取したい野菜の栄養素を手軽に摂る事が出来ます!この野菜ジュースを飲むと、健康的な毎日を約束すると言われています。

もちろん、野菜一日これ一本だけを飲んで健康になるわけではありません。毎日の食事にプラスして飲んでいく事によって、健康的な状態を保つ事が出来るという事です。忙しい人や、食事の栄養バランスが偏ってしまうという人にはとてもお勧めの野菜ジュースとなっています。

野菜一日これ一本の魅力

野菜の味を守る

野菜の種類は販売当初から比べると、増えているので変化がありますが、野菜の味わいを守るという部分はずっと変わらずに続いています。

野菜ジュースというのは、砂糖や塩などで味を付ける事がありますが、野菜一日これ一本は砂糖や塩を使用せず人工的な栄養もプラスしていません。つまり、野菜そのものの味わいをしっかりと守っているという魅力を持っているのです。

1日に必要な野菜を摂取できる

健康的な生活を送る為には、1日に350gの野菜を摂取する事が推奨されています。そして、野菜一日これ一本には30種の野菜が含まれており、その量は350g分となっています。

名前の通り、1日に必要な野菜を摂取出来てしまうので毎日1本飲むことで健康維持に役立つと考えられます。

カゴメの安全と信頼感

百年以上もの歴史をもっているカゴメですが、品質を大事にしているという点でも信頼できるメーカーだと言えます。野菜は原産地でしっかりとチェックをしてから、使う前にも更にチェック!そして生産をする段階になったらもう一度しっかりと検査をしていきます。

何重にも渡る品質チェックが行われていますので、安心して飲むことが出来ます。

日々の改良

野菜一日これ一本は、2004年に販売が始まった野菜ジュースです。その頃というのは、17種の野菜しか使用していなかったのですが、10年以上経った現在では30種の野菜を使用するまでに至っています。

日々改良の為に研究を重ねていき、より良い野菜ジュースを作る事を常に心がけているのが嬉しいですね。

野菜一日これ一本の商品情報

原材料

野菜(トマト、にんじん、メキャベツ(プチヴェール)、ケール、赤ピーマン、ほうれん草、モロヘイヤ、ブロッコリー、レタス、セロリ、しょうが、紫キャベツ、赤じそ、よもぎ、チンゲンサイ、カリフラワー、クレソン、パセリ、かぼちゃ、アスパラガス、たまねぎ、ビート、だいこん、小松菜、紫いも、あしたば、はくさい、なす、グリーンピース、ごぼう)、レモン果汁

容器の種類と内容量

  • パックタイプ:200ml、1000ml
  • 缶タイプ:190g
  • ペットボトル:280g、720ml

種類

pic-j02

意外と知らない人もいるかもしれませんが、野菜一日これ一本には、いくつか種類があります。それぞれ、強化されている栄養が違うので、自分の体調や食事内容に合わせて最適なものを選べるようになっています。

超濃縮葉酸

葉酸が豊富に含まれている種類となっており、通常タイプのものには含まれていない枝豆も入っています。

超濃縮高リコピン

高リコピントマトを使っているので、とても豊富なリコピン量を摂取する事ができます。1本飲めば24㎎のリコピンが摂取可能となっています。

超濃縮カルシウム

葉野菜をたっぷりと使用しているので、豊富なカルシウム量を実現しています。青汁ミックスと言われており、1本でカルシウムは64㎎も摂取できます。

超濃縮鉄分

ホウレンソウの配合量がとても多いので、鉄分をしっかりと補給する事が出来るタイプとなっています。

超濃縮食物繊維

ニンジンやゴボウといった根菜類を中心に配合しているので、食物繊維がたっぷりと摂取出来るタイプとなっています。1本で摂取出来る食物繊維は1.9~3.7gとなっています。

もっと高品質で安心して飲める野菜ジュースが欲しい

pic-j03

野菜一日これ一本は、市販の野菜ジュースの中では、最高レベルの品質を誇ります。これ以上にこだわった本格的なものということになると、通販で購入する必要があります。

カゴメも通販限定で、国産野菜だけを使用している野菜ジュースなど、野菜一日これ一本よりも、さらにこだわって製造されているものを販売しています。

野菜一日これ一本では、満足できないという人は、市販されている商品だけでなく通販やお取り寄せで買えるものも検討してみましょう。

通販で買えるおすすめの野菜ジュースはこちらが参考になります。通販のデメリットは、1本だけ買って試すことが出来ないところです。上記サイトは、実際に飲んで味を比較されているので、自分の好みのものを見つけやすいです。

野菜一日これ一本に対するカゴメのこだわりや、安全面への取り組みを知りたいという方は、野菜一日これ一本の公式ブランドサイトへ